恋愛

【長く続かない?】恋に恋してる人の6つの特徴

恋をしている自分が好き

恋をしている自分が好きな人は、恋に恋しがちです。

誰かのことが好きでその人を意識してしまう、その人のために頑張って料理したりおしゃれをする、そんな自分が好きな人がいるのです。

こういうタイプはそれほど相手のことが好きなわけではありません。

ただ恋をしている間の自分の変化を楽しんでいるのです。

誰かのために料理をしたり、好みの服装を選んだりするのは相手がいなければできません。

ですからなるべく相手が途切れないように、別れてもすぐに他の人間と交際します。

恋をした相手のために頑張る自分が好きなだけであって誰にも迷惑はかけていませんが、相手は自分のことを本気で好きでいてくれているのだと誤解してしまうこともあります。

恋をしている間はとてもかわいらしく、相手のために頑張るのでそのように思われてしまうのです。

けれど恋をしている自分が好きな人は、両思いになると途端に冷めてしまう人が多いので幸せな結末になりにくいのです。

そこから上手に本当の恋に発展していけばいいのですが、まだまだ恋をしてる自分を楽しみたいと考えている場合はまた他の相手を見つけるでしょう。

冷めやすい

本当に人を好きになると、少しぐらい嫌なところがあっても嫌いになったりはしません。

それよりもっといいところがたくさんあるから我慢しようとか、好きだから一緒にいたいなどと考えるのです。

しかし恋に恋してる人は、相手の嫌なところを受け入れられないのです。

そもそも、嫌なところを受け入れるほど大切にはしていません。

理想の恋を夢見るあまり相手をきちんと見ていなかったり、恋をしている状態を楽しむばかりで相手のことを考えていないのです。

相手のことを考えていないのだから相手のいいところも悪いところよく知らず、そんな中で悪いところが目についたら別れを選択するでしょう。

中には自分の理想とは異なると感じたらすぐにでも別れを告げる人もいれば、飽きたからといって他の相手を探すような人もいます。

冷たいようですが、本当に相手のことが好きなわけではないので当然とも言えます。

本気で人に恋をしているわけではなく、あくまでも自分が楽しむために恋をしているので相手に執着しないのですね。

よってあっさり別れることが多く、冷めやすい印象を与えるでしょう。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    男性がもらって嬉しいものや、男性が嫌だなと思う服装だとか載せて欲しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です