読み物

【感動注意】のび太「ドラえもんとか、実際無理だろ」

のび太「ドラえもんとか、実際無理だろ」

学生「どうかしました?野比先生」 

のび太「ううん、何でもないよ。それより研磨は終わったかい?」 

学生「はい。これでもうバリはないはずです」 

のび太「本体側のインターロック回路も大丈夫?」 

学生「はい、動作確認済みです」 

のび太「よし。じゃあモータを駆動してみようか」 

青い球体の中にギアボックスを収められるのを、のび太は少し離れて見守っていた。 

 中学卒業と同時に、ドラえもんが未来に帰った。 
 のび太がもう一人立ち出来る、別れを割りきれる年齢と判断したらしい。 
 高校の類型選択で、のび太は何となく理系を選択した。数学や理科が得意なわけ 
ではないが、国語や英語も別に得意ではなかった。 
 相変わらずの適当さでのらりくらりと高校を卒業し、藤子大学の工学部に入学し 
たのび太は、そのまま大学院まで進学し、博士課程を修了する。 
 今ではその藤子大学工学部ロボット工学科で助手をしていた。 


その日の午後、のび太が大学生協でラーメンを食べていると、不意に声をかけら 
れた。 

???「野比先生!」 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。