読み物

【感動注意】しんのすけ「シロ!家出するゾ!」シロ「クゥーン……」

しんちゃんは僕の首紐を持って街の中を駆ける。
でもやっぱり、いつもと違う。

いつもなら、彼は時々僕を見る。そして、僕の名前を呼ぶんだ。
特に呼ぶわけじゃない。用事があるわけでもない。ただ、僕の名前を呼ぶ。
それはとても不思議なんだけど、とても落ち着く。

……でも、今日は僕を見てくれない。名前も呼んでくれない。
ただ前を見て、何かから逃げるように走っていた。

そんな彼を見てみると、僕は何も言えなくなった。
本当に、いつもと違う……

「――お姉さーん!オラと一緒に、愛の逃避行しなーい??」

「や、やめとくわ……」

……いつもと、違う、よね?

(しんちゃん、どこに行くの?)

「……」

しんちゃんは、何も答えない。
ただ前を向いて、歩き続けていた。

「――あれ?しんのすけ、どうしたんだ?」

曲がり角を曲がったところで、風間くん達と出くわした。
ねねちゃん、ぼーちゃん、まさおくんもいた。

「おお!みんな!」

「こんにちは、しんちゃん」

「しんちゃん、どこ行くの?」

「おお!オラ、これから家出するんだゾ」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です