読み物

「このツボ買ってくれないか?」怪しい壺を買った結果・・・

男「磨いてみると……悪くないんじゃないか、これ?」

男「よし、もうちょっと磨いてみよう……」

キュッキュッ… キュッキュッ…

男(ツボを磨くのって案外楽しいな……)

課長「なーにやってんだ! こんなミスして!」

男「すいませんすいません!」

課長「まったく……恥ずかしくないのか!」

男「恥ずかしいです……」

課長「恥ずかしいと思ってないからこんなミスをするんだよぉ!」

男(ミスしたのは悪いけど、こんなネチネチ説教することないだろうが……)

男(仕事が終わっても、まだ腹立たしさが残ってる……)

男(っと、ツボがある。これ壊したらスッキリするかな?)

男(いかんいかん! 5万で買ったツボだぞ! 壊してどうする!)

男(それより――)

男「課長のバカヤローッ! 死ねーっ!」

男「謝ってんだから、いつまでもネチネチ絡んでくるんじゃねー!」

男「だいたいてめえだってミスしてるだろうが! こないだだって……!」

男「……」

男「あー、スッとした。ツボの中に叫ぶって結構ストレス解消できるな」

男(今日もツボ磨きっと……)キュッキュッ

男「……」キュッキュッ

男「……」キュッキュッ

男「うん、今日も輝いてる」

男「だけど――」

グチャ…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。