怖い

【※意味が分かると怖い話※】廃墟

廃墟

俺が小学生の頃の話。


俺が住んでいた町に廃墟があった。


2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。


ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、地元の人間でも、あまり
この場所に近づくことはなかったらしい。


ある日俺は、友人と肝試しをすることになって、この廃墟に行くことにした。


まだ昼ぐらいだったから、建物の2階まで上がって建物を探索した。


そしたら並んでいる扉のひとつに、文字が書いてあるものがあった。


友人と近づいて確認してみると、扉の前に

 

「わたしは このさきの へやに いるよ」

 

と書いてあった。


俺と友人は扉を開けて中に入り、先に進むことにした。


歩いて行くと分かれ道に突き当たって 、壁に

 

「わたしは ひだり に いるよ」

 

と書いてあった。


少し怖くなったけれど、俺と友人はそのまま左に進むことにした。

POSTED COMMENT

  1. 名無し より:

    どういう事?

    • LEO より:

      つまり、最初の
      「〜〜〜〜」と書いてあった
      って書いてたけど
      最後は
      「〜〜〜〜」←左の部屋から来た頭が喋ってたってことです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。